【転職ナース】実際に応援看護師を利用したら、給料が50万に届きそうだったので、その秘密を給与明細と共に紹介します。

あなたは変化を恐れずに進む勇気がありますか?

はじめに

まずは以下をご覧ください。

 

正確には総支給50万円には届いていませんが、上記は看護師経験5年目の私が応援看護師(紹介予定派遣)として勤めていたときの給料になります。

応援看護師?

きっと馴染みのない方もいるとは思いますので、少し解説していきます。

  • 応援看護師とは医療ワーカーの商標
  • 応援ナースとは転職サイトナースパワーの商標

となります。

 

簡単な違いとしては、

  • 医療ワーカーは都市圏に非常に求人を多い
  • ナースパワーは九州・沖縄地方の求人数を多い

といった違いがあります。

自分は東京住まいなので、医療ワーカーの応援看護師を利用しました。

 

もっと深く二つの派遣制度の違いを知りたい方は、以下の記事を読んでください。

某応援ナース(看護師)の違いと特徴は?2大応援ナースを比較。。

 

応援看護師(ナース)の特徴とは?

さて先ほどの給料明細から応援看護師が何かすごいものであるのかわかると思いますが、一体何なのかこれから説明します。

応援看護師の特徴としては、以下のようになります。

応援看護師の特徴

  1. 主に人手が足りない病院が勤務場所
  2. 常勤として勤務する
  3. 即戦力として勤める
  4. 高い給料を貰える
  5. 2~3年の看護師経験が必要
  6. 派遣期間終了後、正社員登用の話がある
  7. 派遣終了後、契約更新を半年づつ、同一職場では最長3年間継続することができる

といった制度となります。

細かな内容は以下の記事にも載せてありますので、もっと知りたい方は下記をご覧ください。

応援ナースとは!?デメリットや口コミから元派遣看護師がこっそりとおすすめを教えます

 

応援看護師を実際利用してわかったこと

自分はこの応援看護師という制度を利用し、上記明細の給料で働いていました。

年収ベースにすると540~580万円付近での給料で働いていたことになります。

しかも応援という名前で病院へ勤めるので、戦場のような忙しい病院を想像していましたが、なんと看護師の悪しき風習である残業はなんとゼロの病院でした!

いままで5年間働かせてもらっていた病院では、サービス残業40時間を超えていたので、ほんとに嬉しかったです。

しかも年間休日も増えて、有休も100%消化可能。

こんな病院あるんですね!って大袈裟でなく思いました。

前に勤めていた病院から劣っているところは何一つありませんでした。

さらに応援看護師をしていて非常に大きいのは、心理的ストレスの少なさです。

入職してしまうと、人間関係を気にしたり、委員会などを任されたりして、患者との関わり以外でストレスを感じたりしてしまいます。

しかし応援看護師ならこうしたこととは無縁です。

仕事にだけ、患者へ粛々と看護を実践すればいいだけです。

これは非常に気持ち的に楽です。

もし職場に嫌な看護師がいても、応援看護師という立場なら、派遣期限がくれば去ることができます。

もう一生その嫌な看護師と顔を合わさなくても済むのです。

「人間関係に気を遣わない」これは派遣という形態のスーパーメリットといえます。

これ冗談抜きに一度体験してもらい制度です。

さらに1人暮らしなら、派遣としての勤務終了とともに、「さあ次はどこの地で働こうか?」「次は沖縄でも行ってみるか!」なんてことも現実にできます。

知り合いにそういう看護師がほんとにいます。

これは、看護師という職業が慢性的な人手不足だからこそできる選択となります。

勿論、その職場が気に入って、社員として勤めたくなったら、そのまま入職することだってできます。

なんというかここまで行くと、看護師ってどこまでも強い資格なんだと思ってしまいます。

 

しかしこの応援看護師にもデメリットは存在します。

大きなところでは、「退職金がないこと」「ボーナスがないこと」「ローンが組みづらくなること」といったデメリットはあります。

しかし退職金に関しては、終身雇用の崩壊している昨今、期待するのは如何なものかと思います。正直あまり気にならない問題です。

そもそも看護師は老後も働くことができる職業なので、老後の給料にはあまり苦労しません。健康であればの話ですが。。。

さらにボーナスに関しては、もともと毎月の給与が手取りで40万(年収550万付近)はいくので、ボーナスを含めてもらっているのと同じです。

更にローンに関しても、看護師は資格としての信用性が非常に高い為、貸してくれるところは多いです。

家などを購入するので、派遣でローンが組めるか不安なようであれば、一時的に常勤になればいいだけのことです。

 

 

このように応援看護師にデメリットは存在しますが、あまり気にするようなデメリットとはいえないと思います。

それより

  • 高給与
  • ストレスフリー
  • 自由

を得られるメリットの方が、圧倒的に大きいと思います。

 

応援看護師は、看護師になったからには、是非一度体験してもらいたい制度となります。

最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。