九州や沖縄で鬼の求人数を誇る看護師転職サイトはここ

2020年 転職活動をしている看護師さんへ

転職サイトによりますが、コロナ禍によって一時期10%以上減少していた求人が戻ってきています。(2020年10月現在)

これはコロナ禍での一斉退職による人手不足などが考えられ、波が押している状態です。

昨今の経済の不安から、求人者の多くが正社員を希望している為、望みの転職が決まりづらくなっていましたが、一時的にでも求人数が増加している今は転職のチャンスといえます。

是非このチャンスを逃すことなく、早めに複数の転職サイトへ登録するなど十分な対策を行い、希望の転職先を見つけていくことをお勧めします。

 

退職後、人間関係や業務負担の少ない派遣で生活してみたい

一気に稼いで海外へ行きたい!

 

ナースパワーは、1985年に熊本で設立された看護師向け転職サイトであり、こうした望みを叶えることができる転職サイトです。

ナースパワーの特徴としては以下になります。

 

ナースパワーの評価

求人施設数 3.5
企業規模 4
利用数 4
サイトの扱いやすさ 4.5
プライバシーへの対応 5
総合おすすめ度 A

 

 

① 応援ナースが売り

ナースパワーにとって応援ナースは最も有名で利用価値の高い制度です。

応援ナースとはその名前通り、人材の少ない病院などへ派遣という形で勤める制度となります。

これだけ聞くと全然利用価値を感じませんが、応援ナースは高給与が基本です。

都市に勤める形の都市型応援ナースなら基本給40万円が基本となります。

ここに夜勤や残業代などが加味されると50万円を超えることも普通にあります。

 

 

興味のある方は下記記事をご覧ください。

応援ナースとは!?デメリットや口コミから元派遣看護師がこっそりとおすすめを教えます

 

② 九州・沖縄地方にめっぽう強い

下記は2020年3月現在の主要14都市の求人件数になります。

ナースパワーは九州・沖縄の求人件数の割合が圧倒的に多いのが特徴です。

これは本社が熊本にあることも関係があると思います。

その為、暖くて都会の福岡などで働きたい方や休日はバカンス気分になれる沖縄県で働いてみたい方などには、非常にお勧めの会社です。

その反面、東京都の求人数はやや少なめです。

 

③ キャリアアドバイザーがしっかりしてる

「ナースパワー」は30年以上の歴史のある人材紹介の会社であった為、キャリアアドバイザーも信用できる対応をしてくれます。

私自身も「ナースパワー」を利用したことがありますが、その際に担当となったキャリアアドバイザーは、若いのに、こちらの言った要望に対しても、迅速に病院側とコンタクトをとってくれ、給与面について納得のいく形で解決してくれました。

その為、転職活動をスムーズにとても安心してすすめることができたので、おすすめです。

2018年現在、ナースパワーには人材紹介部門46人、法人全体で100人 います。

 

 

看護師転職サイトの選び方

転職サイト個々により、得意としている地域が違いますので、お住まいの地域に特化した転職サイトを選ぶことが大切です。
同じ病院ならば、どこの看護師転職サイトを選んでも提示している給料に変わりはありません。
給料UPは交渉によって変化することがあります。

転職サイト選びで大切なことは、

①自分の希望の勤務地域に強い転職サイトを選ぶこと。

②交渉力のあるキャリアアドバイザーについてもらうこと。

この2つが重要になります。当サイトでは、それぞれの地域に強い転職サイトや交渉力のある転職サイトを紹介しているので、参考にしてもらえると良いと思います。

 

こんな方へおすすすめ。

沖縄の青い海のもとで、一生に一度くらい働いてみたい方

九州の病院で、食に仕事に満足したい方

信頼・実績のあるキャリアアドバイザーに、満足いく給与交渉をしてもらいたい方

きっと満足する仕事があります。

 

 

まとめ

ナースパワーは看護師転職業界に関して、30年以上の実績がある熊本に本社のある看護師人材紹介の老舗です。

求人件数は4万件で年間紹介件数は5,000人おり、うち3,000人は応援ナースを利用しています。

今までの利用者数も10万人を超える実績十分の会社です。

求人では九州・沖縄に多数の求人を募集しています。

「ナースパワー」は常勤だけでなく、紹介予定派遣である、応援ナースも売りの一つです。

 

かぶり猫
沖縄で働いてみたい看護師には絶対おすすめ。。。

おすすめ登録度:

最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。