現役看護師が伝える転職前にしっておきたい精神科の仕事内容

はじめまして。ここでは転職まえの悩めるあなたへ向けて、精神科病院の病棟とはどんなところかを紹介していきたいと思います。

精神科の病棟別の仕事内容をざっくりと知ることができます。

ここでは私自身の精神科での精神一般病棟と急性期病棟での経験から書いてあります。そのため業務の手順などは当然病院によって違いますので、これがすべてと思わないでください。「精神科はこんな感じのところ」くらいで捉えてくれれば良いと思います。
 一般的に精神病院の病棟の種類には、急性期と精神一般、精神療養という以下の三つに大きく分けることができます。

 療養病棟とは

まず看護師の皆さんが一般的に楽と思っている療養病棟の勤務をご紹介します。精神療養病棟は自宅退院・社会復帰を目的としたリハビリ中心の病棟になっており、以下がその流れとなっております。
療養病棟の仕事の流れ
8:30

出勤・情報収集


9:00

申し送り


9:30

洗面介助(少数)・おむつ交換・トイレ誘導(少数)

検温

リハビリにてOT室へ送り


10:00

カンファレンス(Dr.やPSW交えて)

観察・記録(リハビリへいっていない患者)


11:30

 リハビリにてOT室へ迎え


12:00

昼食(食事見守り・介助)

服薬


12:30

休憩(1h)


13:30

リハビリにてOT室へ送り

個別の対応、観察、記録


15:00

リハビリにてOT室へ迎え

おやつ介助

個別の対応、観察、記録


15:30

おむつ交換・トイレ誘導(少数)


17:00

退勤(5時ピン)

*曜日によって、入浴、シーツ交換などがあります。
小島ぴーや
基本自宅退院を目途にできる患者が多く、患者自身のADLが高めな為、こちらの介助量は少なめだよ。OTなどリハビリ中心の病棟なのが特徴かな。

精神一般病棟(慢性期)とは

次に精神一般病棟は、内科的疾患を抱える精神疾患患者(高齢者)が多い病棟や精神疾患が中々改善しない慢性期型の患者が多い病棟などを指すので、病院の方針によって患者層は全く違います。ここでは、内科的疾患を有した高齢の精神疾患患者の多い病棟の仕事内容を記載していきます。
精神一般病棟(慢性期)の仕事の流れ
8:30

出勤・情報収集


9:00

申し送り


9:30

洗面介助・おむつ交換(ほぼ全員)・バルーン患者の尿破棄など

検温


10:00

個別の対応(輸液管理、吸引、補水など)

観察・記録


11:30

 経管栄養患者のギャッジアップ・準備(ほぼ半数)

BS測定


12:00

昼食(食事見守り・介助、経管栄養投与)

服薬


12:30

休憩(1h)


13:30

リハビリにてOT室へ送り

個別の対応、観察、記録


15:00

リハビリにてOT室へ迎え

おやつ介助


15:30

おむつ交換(ほぼ全員)


17:00

退勤(5時ピン)

*曜日によって、入浴、シーツ交換などがあります。
小島ぴーや
精神科疾患はついているものの、比較的内科的疾患を抱える高齢者が多くて、点滴管理や栄養管理、口腔清拭、おむつ交換などが中心になるかな~。療養病棟の患者に比べてADLが低く介助する場面が多いから、療養病棟より体力を使う病棟よ。
や―中山
他にも幻覚・妄想などの症状が長引き、急性期からこちらへ流れてくる慢性型の病棟では、内科的疾患を有する高齢者の多い精神一般病棟に比べて、患者自身のADLは高めの方が多いですが、その分、患者の相談・訴えは多くなります。隔離室があることもあります。

 

救急・急性期病棟とは

主に病院外で精神症状を主体とした自傷他害行動の恐れがある、既に自傷他害が問題(警察などが介入することもあります)となっている人が、精神鑑定の結果、入院が必要と判断(都道府県知事の決定)され入院する措置入院患者と、そこまでの精神症状の増悪でなくとも、精神保健指定医が、入院必要と判断し、保護者の同意のもとで入院することができる(本人の同意はいらない)医療保護入院患者を受け入れる病棟となります。
小島ぴーや
要は精神疾患によって社会生活が難しくなった人が急遽入院する病棟だよ。
急性期病棟の仕事の流れ
8:30

出勤・情報収集


9:00

申し送り


9:30

ごく少数の洗面・おむつ交換・バルーンの尿破棄など

検温


10:00

カンファレンス(Dr.やPSW交えて)

個別の対応(輸液管理、外出、外泊など)

隔離・拘束患者の対応

観察・記録

入退院(予定入院や緊急での入院)


12:00

昼食(食事介助)

服薬


12:30

休憩(1h)


13:30

リハビリにてOT室へ送り

入退院(予定入院や緊急での入院)

個別の対応、観察、記録


15:00

リハビリにてOT室へ迎え

おやつ介助


15:30

おむつ交換(ごく少数)


17:00

退勤(入院が遅い時間のときは少し残業)

*曜日によって、入浴、シーツ交換などがありますが、患者層が若く、ほぼ見守り程度で行えます。
小島ぴーや
急性期病棟は何と言っても入退院が多い。患者層は若いけど、妄想状態が強かったり、パーソナリティ障害の方などもいて、仕事量にとっても波があるよ。
やー中山
妄想著明の方や自殺未遂をした方など、入院しないと自傷他害の恐れがある患者がどんどん入院してくる病棟ですね。そのため、救急・急性期病棟には、ベッド、トイレ以外は何もない保護観察室といったものも用意されています。一般的な呼び名は隔離室です。

やー中山
自傷行為が酷かったり、暴力行為が見られるような患者は、保護観察室に入るだけでなく、必要に応じ身体拘束せざる得ないこともあります。一般的な人が想像すると、言葉は悪いですが、牢屋のような部屋をイメージしてしまう方もいると思います。
*実際の隔離室は、病院によって違います。上記の画像はイメージ画像です。
救急・急性期の病棟へ入院する患者は、主に3ヶ月を目処に退院し、3日に一人くらいのペースで入退院があります。
救急・急性期病棟では病気のなりはじめのことが多く、症状が悪くとも、適切な治療により、劇的に回復することもあります。
小島ぴーや
さっきも言ったけど、入院がなく、患者の症状も落ち着いている時は、もともと社会生活をしていたこともあり、急性期とはいえ、平和に時間が流れますよ。
では次に精神科での日勤・夜勤での主な業務内容について説明していきます。一般科との違いもあると思うので、参考程度に確認してみてください。

日勤篇

患者の観察・対応・記録

看護師の基本業務です。主に患者の症状を観察し、会話の内容にも目を向ける。保護観察室に入っている患者は、特に注意して症状や言動を観察していく必要があります。精神疾患の患者には、鬱などで食事が全く進まない方、水中毒などで一日に何キロも水分を飲んでしまう患者がいますので、観察、記録が必要になります。また精神薬を服用している患者は、副作用で便秘傾向になっている方もおり、腹部症状の観察・排便状況の確認は必須となっています。
やー中山
大腿骨を骨折していも、平気で歩いている患者もいるから観察は重要だよ。
患者対応に関しては、精神疾患患者はその疾病の特性上、不安を抱えている患者が非常に多く、看護スタッフを見ると、不安を訴えてきたり、ステーションに張り付くように立っている患者もいます。そういった患者へは時間を区切って話を聞いたり、傾聴する能力も必要となります。
記録において、精神病院では、いまだに手書きのところも多々あります。その為、文章の訂正や書き直し、漢字間違いなどないように、注意して書くことが大切になります。また当然、記録には、主観のないように客観的事実を書いていくことが必要になります。特に精神科では、患者によって入院形態が違い、その発言によって対応が変わってくることもあるので、発言内容を記録に残していくは大切な業務になります。
小島ぴーや
患者の言ってることを記録するのって、そんなに重要なの?
やー中山
例えば任意入院患者が「どうしても退院したい」と言ったら、症状にもよるけど、基本的に退院することができるんだ。だからこそ、患者の何気ない一言など注意して聞いて記録に残していくことは、患者のためにも大切なことなんだよ。

入院・退院対応

救急・急性期の病棟で多い業務になります。患者が措置入院や医療保護入院で入院してくる場合、確実に救急・急性期病棟へ入院することになるので、入院対応は避けては通れない業務内容となります。急性期病棟などでは、危険物を持ち込めないこともあり、入院時の持ち物チェックは重要な業務になります。
またスーパー救急病棟や急性期病棟などの診療加算をとっているところは、その加算要件から、入院後3ヶ月以内の退院も多くなることから、退院サマリーなどの準備も早め早めに行っていく必要があります。

服薬管理

精神疾患を有する患者には薬は非常に重要なものになります。薬を飲まないと、幻聴・幻覚や躁鬱状態などの症状が再燃することが往々にあるためです。
単に服薬拒否ならばDr.へ報告して、薬を減量するなり、変更するなりできるのですが、患者の中には、舌の裏に隠して飲んだふりをすることもあります。そうすると飲んでいないので、症状がどんどん悪化してくることがあり、後日採血結果にて判明することもあります。こうなると患者の不要に入院日数が延びることにもなるので、服薬管理は非常に重要な要素になります。
やー中山
退院後の怠薬によって、再入院する患者も多いので、一人暮らしの患者などは、入院中に内服自己管理をしていくことも必要になるんだ。

輸液管理

肺炎などの発熱や食思不振など様々な理由により、輸液管理となることがあります。一般科では当たり前にある業務なので、多くは説明しません。精神科では、ルートを抜いたり、抜けたりままあります。。。

処置

入院前の外傷や入院中に外傷を負うこともあり、必要に応じて処置など行う必要があります。これも一般科の看護師にはお手の物ですね。

身体拘束の記録

患者の中には、症状が酷く、自傷他害のリスクが高い場合、やむを得ず身体拘束を行わなければならないこともあります。一般科に勤めていると、治療上を理由に身体拘束を行うことが、ままありますが、精神科では、自傷他害での身体拘束理由が多いため、自傷他害のリスクが見られなくなったら、早急に外さなければなりません。そのため、日々患者の精神症状を、言動の変化などから把握し、記録する必要があります。
恐らく一般科から精神科へ入職すると、身体拘束に対して、いかに厳密に対応しているかがわかると思います。

身体介助

高齢者の多い精神一般病棟などでは、身体介助はとても多いです。特に入浴などはその日の一大イベントです。男の介助者がモテる日です。療養病棟や救急・急性期病棟では、比較的若い患者が多く、介助が必要ないこともありますが、中には重度の知的障害があったり、身体介助の必要な高齢者もいる為、そういった際は介助をする必要があります。

夜勤篇

上記日勤帯で必要なことは、退院対応以外は夜勤でも必要になります。その他に夜勤で必要なことは以下になります。

睡眠状況

精神疾患患者にとって何より一番大切なことは、睡眠による休息です。睡眠は良い精神状態を維持するために、絶対必要なものです。我々でも睡眠がとれないとイライラしたりしますよね?精神疾患患者の入院までの経過を見ると、状況は個々違えど、最後は一様に皆睡眠できなくなって、精神症状を悪化させて、問題行動を起こして入院してきます。
入院中も同様で、睡眠がとれていない患者は総じて精神症状が良くないです。
こういったことから、睡眠状況の把握は必要になります。

追加眠剤、頓服薬の実施

病院により時間は違うかもしれませんが、私の病院では、20時に就寝時薬を内服、21時に消灯になります。その後、22時より追加眠剤という形で、就寝時薬を飲んでも寝れない患者が追加で眠剤を飲みにステーションまできます。この形は概ね精神科の病棟ではお馴染みの光景だと思います。
やー中山
精神病院では、追加で眠剤を希望する患者は、一般の病院に比べて比較にならない程多いよ。
またパーソナリティ障害の方などは不安が強く、夜になるとその傾向が強くなり、頓服薬を貰いにくることが多々あります。こうした追加眠剤や頓服薬の処理などは夜勤帯に多い業務となっています。

巡視

追加眠剤を飲んだあとの睡眠確認だけでなく、精神疾患のある方では自殺企図をもっている患者もいます。溢首(首吊)などもあることから、巡視時の所在確認は怠ることのできない業務となっています。
小島ぴーや
巡視で患者の部屋に入る時って、つい、つま先歩きで歩いてしまう

 まとめ

どうですか?精神科病棟の業務が少しはイメージできましたか?
やっぱり怖いと足が遠のきましたか?
確かに精神科の病棟によっては、一般科の病院に比べて、溢首のリスクがあったり、暴力のリスクがあったり、メンタルも華麗に削られることもあります。しかし一般科に比べて、時間に迫られることなく、患者へ関わることができたり、適切な処置を行うことで、劇的に幻覚・妄想などが回復する患者もおり、とてもやりがいのある科目でもあります。病棟によっては、一般科に比べて体力的に優しい病棟もあります。
是非一度、精神科を体験してみてはいかがでしょうか。?きっとはまると思いますよ。
小島ぴーや
気になったら何でも一度はやらないと、いつまでたっても気になるよ~。
やー中山
以下に我こそ誰よりも精神科を欲しいてるという方へ一押しのサイトを2つご紹介しておきます。精神科の病院・クリニックの登録件数は転職サイトトップクラスです。近い将来転職を考えている方は、登録だけでもしておくべき優良転職サイトです。
医療ワーカー
4.5

医療ワーカー

求人数8万件超え!関西圏にも求人数多数!
全国の精神科病院・クリニックの求人数に関しては他のサイトの追随を許しません!
純粋に施設数だけだったら、No1の数を誇ります!
選りすぐりの案件に出会いたい20代~30代に特におすすめの転職サイトです!!!
簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます。

求人施設数 4.5
企業規模 5
利用数 4.5
サイトの扱いやすさ 3.5
プライバシーへの対応 5
総合おすすめ度 S

こんな方へおすすすめ。

応援制度を利用してみたい方

精神科病院や心療科クリニックを探している方

関西圏での職場をお探しの方

きっと満足する仕事があります。

しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。

ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。
口コミ【残念編】
Yさん

ネット上で好条件な求人が多そうだったので登録しました。
しかし、希望条件をお伝えした直後に妊娠が発覚し、またその経過も良くなかったため、担当の方に就職活動を休止するとお伝えし了解を得ました。
ところが、次の日には直ぐにオススメの求人情報が届いたら、現在の求職活動状況についての聞き取りメールが来たり、電話が来たり…。
こちらはそれどころではないのに、情報共有もされていないのかとがっかりしました。他の方から再度電話があり上記をお伝えした際も、直ぐにでも電話を切りたいような、誠意のない対応でした。
それ以外も、いくつか紹介していただいた内容も希望から外れていたり、場所以外、待遇もわからない状態で面接するかの判断を求められたり。
正直、他の業者さんの方がずっと親切でわかりやすかったです。私がハズレの担当者を引いただけかもしれませんが、ハローワークの方がマシかも

 引用元:みん評

口コミ【成功編】
Kさん

以前の職場は同僚の紹介で転職をしたのですが、友人から聞いていた話と実際の条件面が違い、非常に後悔しました。医療ワーカーに登録してみたところ、それまで見ていた情報誌に掲載されていた求人情報と雲泥の差で、好条件のお仕事ばかりなので驚きました。医療ワーカーでは非公開の条件の良いお仕事情報が豊富ですね。コンサルタントのサポートで、年収は60万もアップし、休日数も増えて満足です。入職前に採用条件確認書があり、待遇面などもきちんと確認できたのもよかったですね。

引用元:みん評

口コミ【成功編】
Mさん

諸事情により転職することになって利用させていただきました。他会社と併用して使わせていただいたのですが、1番対応が丁寧でした。担当の方がとても丁寧に親身に話を聞いてくれたことにより、自分の希望に沿った病院に就職することができました。就業してからも定期的に連絡していただき、その方には本当にお世話になってます。以前の職場の友人もその担当の方にお世話になることになりました。私は医療ワーカーさんが1番オススメです。

 引用元:みん評

看護のお仕事
4.7

美容クリエイティブ

2009年より看護師へお仕事紹介を始めている比較的若い会社です。求人数も豊富で利用者にどんどん支持を受けており、現在売上高は500億を超えている最注目の転職サイトとなっています。
希望の仕事を見つけたい方はとりあえず登録必須です。
簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます。

求人施設数 5
企業規模 5
利用数 5
サイトの扱いやすさ 4.5
プライバシーへの対応 4
総合おすすめ度 SS

こんな方へおすすすめ。

一生勤めていたいほどの満足する職場に出会いたい方

病院だけでなく精神科やクリニックなどのお仕事も探している方

東京都で条件の良い転職先を探している方

企業看護師として働いてみたい方

きっと満足する仕事があります。

 しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。
ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。
口コミ【残念編】
Mさん(20代・女性)

総合病院で人間関係に疲れて転職を決意。
看護のお仕事に登録して、コンサルタントとの相性も良かったので、安心して転職活動に取り組んでいました。書類作りや面接対策などの準備もどんどん進んでいったので、採用まで早いんだろうなと感じていました。
再び職場の人間関係で悩まされるのは嫌だったので、提示された求人情報も全て信じようとはせず、何度も何度もコンサルタントに確認しました。いくつか挙がった候補の中からクリニックを選び、うまく採用まで行き着きましたが、実際に入職してみると、提示された職場環境の情報と現実がかけ離れていて、また人間関係に悩むことになってしまいました・・。
転職には美談がつきものですが、失敗例もあるのをお忘れなく。

 引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
Kさん(女性)

私の出した条件は、残業が少ないこと、車で30分以内、託児所がある、病院病棟で働きたい、教育がしっかりしている、今より基本給は3万円以上あげてほしい、というもの。
また、前職での不満や転職に対する不安も話を聞いてくださいました。条件を伝えるとすぐにいくつか候補を挙げてくださいました。
自分でも探してはみますが掲載されていないもの見逃しているものもあり、コンサルタントさんが条件に合わせてピックアップしてくれることは助かりました。ピックアップのなかから気になる施設を伝えるとさらに詳しく施設の雰囲気などを教えてくださいました。
そして、見学・面接の日程を調整してくださり、自分の経験や希望を踏まえた履歴書の書き方を提案してくださいました。
また施設ごとに、どのような面接でどのような質問があるか知ることができ事前準備ができました。面接もスムーズに行え、内定も数日のうちに返事を頂くことが出来ました。テンポ良く転職活動ができたと思います。
多分、自分ひとりだったらこうはいかなかったのではないかと思います。初めてでしたが利用して良かったと感じます。

引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
Mさん(20代・女性)

転職を考えていたときに、こちらの看護のお仕事を見つけました。
こちらは24時間電話でサポートしてくれるところがいいなと思い、登録しました。
昼間は仕事中だったり、休みの日の昼間は出かけてしまうことが多かったので、実際電話で相談するときは夜の遅い時間帯が多く、大変助かりました。
夜勤などもあって生活が不規則の中、転職活動をするのは結構大変でした。
ですが、コンサルタントさんが面接の日など私の都合のいい日に設定してくれたり、できるだけ希望に合った求人を紹介しようとしてくれたりと、とても頼りになる方でした。
しかも、採用が決まった職場の勤務開始日から働くのがどうしても難しく、それを相談したら、勤務開始日をずらしてもらえました。ダメもとで相談したので本当に助かりました。
転職を考えてる方には「看護師のお仕事」をオススメします☆

引用元:BEST WORK

最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。