元介護士が看護師への転職理由を語る。

あなたの目に看護師さんはどう映りますか?

あの看護師さんたちはいつも座って記録ばかりしてて楽そう。。。

全てはここから始まりました。元々大変なことが嫌いで、常に楽して生きたいと思っていた自分が、記録をしていた看護師を見て思った感想です。

ここでは最近増えてきている介護士からの看護師ルートについて、自分の経験談を含めて述べていきたいと思います。お前の経験などどうでもよいという方は一気に下まで飛ばしてください。

 

介護士から看護師ルートを歩むようになった理由

福祉の道へ

本気で福祉を目指している方にはいい思いをさせないかもしれませんが、自分が福祉という職業を選択したのは、単に大学卒業を間近に控え、興味があって仕事にしたいことが全くなかったことにあります。当時、就職氷河期と言われた時代に、丁度介護保険という制度ができて、世の中が福祉というものに目を向けていた時だった、ということだけwでした。なので、自分はおじいちゃん子でもおばあちゃん子でもないですし、福祉精神というようなものは毛頭持ち合わせていませんでした。なので、当時の自分は認知症も見たことないし、下の世話など当然したことがありませんでした。

しかし仕事をはじめてみると、次第に介護の面白さに気付き、高齢者のお世話をさせてもらったり、昔のお話を聞かせてもらったりしていくうちに、「今があるのはこの人たちが頑張ってきたからなんだなぁ」と思うようになり、この仕事に誇りも持てるようになってきました。そして仲間にも恵まれ、介護福祉士、ケアマネの資格をとり、気づくと福祉にどっぷり浸かっていました。

介護職は低賃金

しかし唯一ですが大きな不満がありました。給料です。当時、就職氷河期であったこともあり、パートとして入職したので、しょうがなかったのですが、夜勤をやっても、手取りが16-18万ほどであり、正職員になっても、役職がついても、給料が20万を超えることがありませんでした。残業があった月だけ、20万をちょい超えるくらいでした。ケアマネの資格をとっても、夜勤なしで丁度20万程度であり、これは自分にとっては正直不満でした。就職初期は同じ大学出の人間とさほど給料に差はなかったのですが、年齢を重ねるうちに徐々に差が開いてきたのがわかりました。

 

介護職はステップアップが少ない

そして働いていくうちに最大の不満が生じました。給料は半ば諦めていたのですが、それ以上に自分を介護職のある福祉業界から遠ざけた理由は資格にあります。それは介護福祉士、ケアマネと順調にステップアップしたときです。更に自分に磨きをかけてと思ったときに、福祉という業界では、もう目指すべき資格がなかったことです。役職を見ても、もう残された役職は相談員や施設長くらいしかありませんでした。自分は現場が一番好きな場所でしたので、ケアマネや相談員、施設長の椅子には全く興味がなく、これが自分が福祉を離れるきっかけになりました。

 

福祉職からの転職を考える

これまでの自分の気持ちをまとめると

  • 給料が安い
  • 上級職がない
  • 現場が好き

以上が自分の気持ちであったことに気付いた為、このままで一生終えていいのか?将来どうなる?といった不安が大きくなり、自分の気持ちを満たせる仕事を探し始めました。すると直ぐ近くにありました。看護師です。看護師は直接現場で患者と関われること。都内の看護師は平社員でも平均年収が500万近くはあり、経済的に介護士より高給なこと。専門看護師や認定看護師という上級資格だけでなく、やる気次第で海外看護師にもなれることなどが自分の気持ちにフィットしました。
まとめると以下のようになります。

 

介護士と看護師の比較

介護士 看護師
給料 250-400万 400-600万
資格 介護福祉士、ケアマネ、社会福祉士 正看護師、保健師、助産師、専門看護師、認定看護師、NP
働き方 肉体労働であり、常に腰痛と隣り合わせで、現場で一生は難しい。 精神科やクリニックなど肉体的に楽な場所を選択すれば、ずっと現場で仕事ができる。またやる気次第で海外ナースという道もある。

 

これらから自分の中では全ての面で看護師の方に魅力を感じました。

 

看護師のなり方

詳しくは【これから看護師を目指したい方へ】学費が安いおすすめ看護学校は?の記事をご覧ください。

 

介護士が看護師になって感じたこと

その後、無事看護師になって暫く経ったので、介護士の頃描いていた看護師のイメージと実際の看護師の違いを書いていきたいと思います。

看護師は椅子に座って記録して、楽そうにみえたが・・・

とんでもない誤解でした。確かにクリニックや老人ホームなどの施設は比較的ゆったりしていて楽に見えるかもしれませんが、多くの看護師が勤めている一般病院では楽とは無縁でした。自分は脳外科と循環器内科を5年間経験しましたが、看護師になって初めて分刻みで動くということを体験しました。入院受け、退院出し、カテ出し、OPE出し、受け持ち業務、ナースコール対応などなど挙げればキリがないほど、業務時間中にやることがありました。昼休憩も詰め込むように食事を終わらせて、直ぐに午後の準備を行い、勤務時間終了後に初めて記録を書く時間がもてることなど日常茶飯事でした。そして残業も2~3時間はざらにあり、残業代もほぼ出ずといったものでした。勿論朝も情報収集がある為、30~60分前にくるのは当たり前です。また勤務形態も3交代であった為、日勤勤務を終えて21時に帰宅し、深夜勤務の為、0時に家をでるといったこともありました。そうなってくると、もう常に病院にいるような感覚で、休みでも休んでいる感覚はありませんでした。

介護士の時に、記録をしている看護師を見て楽そうに見えていたのは、椅子に座って記録している姿だけを見て、座る = 楽している、肉体労働の疲労 > 記録の疲労 と思っていただけであり、実際は空いている僅かな時間を使って集中して記録しているのが現実でした。介護士時代でも入浴など分刻みで考えて業務を行ったことはありましたが、沢山のタスクを頭の中で優先順位をつけながら、ほぼ分刻みに同時にこなしていく業務は、介護士時代にはない体験でした。看護師は動いていないように見えても、頭の中は煙が出るほど動いています。(これ本当です)

 

介護士より高給取りに思えたが・・・

給料に関しては介護士の時よりは年収100万以上は増えました。都内の病院なら手取りで25万超えるとこはざらにあり、3年ほどの看護師経験があれば、派遣などを使って、年収ベースで540万以上稼ぐことも可能です。(実際に稼いでいました)またCROなどに勤めれば看護師でも700万近く稼ぐことは本当に可能です。

下記記事あります。

CROやCRA,CRC,SMOとは何か?どうやってなるのか?

 

なので、上記にあるように忙しいですが、給料面に関しては介護士より確実に稼ぐことは可能です。

看護師はステップアップが多いように思えたが・・・

最近では介護士も日本介護福祉会認定による専門介護士といった制度ができ始めましたが、まだまだ未整備です。しかし看護師はスキルアップ・キャリアアップとして保健師、助産師、専門看護師や認定看護師、海外ナースではNP制度などもあり、自分の意志一つで道を切り開くことができる制度があります。また認定看護師などは病院で積極的に受け入れを行い、活躍の場も実際に広がってきており、上級資格取得での差別化が始まってきています。その為、介護士より看護師の方がステップアップの道は充実しているのは確かだといえます。

 

福祉職と似たような仕事内容に見えたが・・・

業務によっては看護師も介護士と同じ業務を行いますが、基本分業が進んでおり、やることは全く違います。介護士は患者や利用者の身近なケア全般ですが、看護師は医師との連携、補助や患者の身体管理を行います。看護師は基本エビデンスを基に行動するので、介護士の頃、よく口にした「(患者が)何かいつもと違う」といったシックスセンスのような感覚を、看護師になって使っていると怒られます。

看護師になると何がいつもと違うのか、その症状によって、普段のバイタルと比べてどうなのか、現病歴、既往歴はあるのか、薬は何を飲んでいるのか、食事状況、栄養状態、排泄状況、採血結果はどうなのかなどなど様々な情報から必要な情報を選択して、エビデンス(科学的な根拠)に基づいて行動しなければなりません。なので新人の頃は「根拠」と言った言葉を耳にタコができるほど聞かされます。

というわけで、介護士と看護師では何だかいろいろ違います。

 

看護師に向かない介護士とは?

 

最後に介護士から看護師になって思った、看護師に向かない介護士とはどういった人なのか説明していきたいと思います。

考えることが苦手な人

上記、「福祉職と似たような仕事内容に見えたが・・・」でも説明しましたが、看護師は根拠に基づいて異変と判断することを求められます。例えばいつもより食欲がない患者さんがいるとして、なぜ食欲がないのか、バイタルサインはどうなのか、栄養状態は、便はでているのか、他に違った症状はないかなど様々な角度から情報を分析して異変の原因に辿り着こうとします。なので、看護師は、常に考えるといったことを求められる職業ですので、考えることが苦手な人には向かない職業だと思います。

 

スケジューリングが苦手な人

前述しましたが、一般の病院で働く看護師の業務内容は異常に忙しく多岐に及びますので、事前のスケジューリングが重要になります。ここでしっかりとした計画を立てておくことで、業務の抜けがなく、スムーズに業務を遂行できるので、スケジューリングのスキルは必須です。これがうまくできていない看護師は業務が滞ったりして患者さんに迷惑をかけてしまいます。

 

柔軟性に欠ける人

前述しましたが、看護師の業務内容は異常に忙しく多岐に及びますので、常に優先順位をつけて行動することを求められます。またスケジューリング通りに業務を進められていても、ナースコールやOPEが押したりすることで、思うように業務を進められなくなることもままあります。その為、そういったイレギュラーが起きた際にも慌てず柔軟に対応することを求められますので、決められた通りの動きしかできないような人には向かないと思います。

 

他には礼儀や謙虚さなど仕事をする人として必要なものはありますが、看護師に限って必要といったものではないので、ここでは書きません。

 

どうですか?あなたはこれらの特徴に当てはまりますか?ただこれに当てはまるからといって看護師という道をあきらめる必要は全くないと思います。これはあくまで看護師になって必要になることなので、看護師になるまでの間に身に付けておけば良いだけです。そもそも看護学校ではこういったことを徹底的に鍛えられるので、そんなに心配はいりません。

また介護士と看護師それぞれ違いはありますが、患者や利用者など直に関わることには変わりありませんので、似たようなところもあります。なので、看護師を考えている介護士の方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

以下にスタディサプリ提供による学校の資料請求ができるので気になる学校がある方は取り寄せてみると良いと思います。また安い学費で看護師になる方法などの記事もあるので、気になる方はご覧ください。

[btn type=”color-button01″ text=”公式サイトはこちら” spsize=”spfull” href=”http://shingakunet.com/net/kisotsu/search/?vos=nrmnvccp2014022401″ target=” space=”20px” target=””]
最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。