もう辞めたい。新人看護師が1年目で辞める理由とは!?

約4,200

この数字が何を指しているかわかりますか?

4,200という数字は毎年夢を抱いて入職してきた新人看護師の1年未満での退職人数となっています。

*この数字は、2017年厚生労働省調査データの新卒全体の退職率と看護師国家試験の合格数毎年55,000人前後という数字から割り出した平均値となります。

4,200人って驚きです。

これだけの人数が毎年1年未満で病院を去っているんです。

このひとりひとりの新人看護師は、皆すべからく泥を飲むような努力を重ねてやっと看護師になったのに、1年以内にその夢が絶たれていることになります。

この現実は非常に寂しいことです。

でもなぜ多くの新人看護師は1年未満に辞めていってしまうのか?

これを考えていくと、1年目看護師は中堅看護師やベテラン看護師とはまた違った悩みに直面していることに気付きました。

 

 

目次

1年目看護師はプリセプターの対応で辞めたいと思うか決まります。

プリセプターとは、新人看護師につく指導担当(先輩看護師)のことです。

以下はプリセプターのどんな対応に、1年目看護師が辞めたいと思うのかを載せておきます。

根拠・エビデンスという言葉の突っ込みに辟易してる

私が新人のとき、いや学校にいた時から、この「根拠」という言葉を腐るほど聞きました。

看護師という職業柄、科学的根拠に基づいて看護をするというのはわかります。

ですが、、、うるせえぇんですよね。(心の声ですよ)

何かしようとするごとに「根拠は?」「エビデンスは?」って何度も聞かれるんですよね。

気になるなら、「〇〇に気を付けてね」とか毎回毎回聞かずに言ってくれればいいのに。

根拠が大切なのはわかるんですが、多用されると正直辟易しますよね。

 

ちょっとした質問ですら「わかりません、調べてください」と昔のsiri並みの返答しか返ってこない

これもよくありますよね。

何を質問しても、「調べてください」なんですよね。

考えることが大切であり、その癖をつけさせたいのはわかるんですが、事前に調べてきてわからないことまで「調べてください」と返されてはやりようがないんですよね。

記憶の定着って、自分で調べることだけではなく、聞いたシチュエーションなどで強く残ることもあるので、毎回「調べてください」の答えは正直間違えています。

それこそ考えていない無責任な返答ですよね。

人に教えるなら教え方も「調べておいてもらいたい」ですね。

 

先輩看護師が「はじめてのおつかい」ばりに自分の行動を遠くから黙って見ている

新人の頃プリセプターの目ってほんと怖いんですよね。

新人って、当然思いもよらぬ行動もするので、心配なのはわかります。

でも某番組のお母さんやスタッフなみに遠くから見ているのはやめてもらいたいです。

そんなに気になるなら一緒に来ればいいんじゃない?

ほんとに「ドレミファだいじょーぶ♪」が聞こえてきそうです。

 

プリセプターと話すと動悸がする

これは正直笑えません。

プリセプターとの会話で動悸がするほどになったら、絶対パンク寸前なので、上司か話せる仲間に「辛い」状況を伝えてください。

正直ここまで症状が出ているようだと、プリセプターを変えてもらうか、異動願いを出すか、休職か退職するかしか方法はないと思います。

プリセプターと顔を合わせる同じ病棟では、いつまでも動悸は治りませんので絶対相談するようにしてください。

取り返しがつかなくなる前にお願いします。

 

客観的に見ても、明らかに差別的な対応をされている

毎年病棟に配属される新人看護師は一人ではないことが多いです。

その中で働いていると、他の新人とは「何か扱いが違う」といった差別的な対応を感じるときがあります。

私自身の体験談ですが、私がいないところで他の新人にルンバールの介助方法を見学させて、次の日、私にルンバールの介助がついている時などです。

当然一度も見たことないので、「できません」というと怒られるみたいな感じです。

新人の時って、先輩看護師とのパワーバランスがとんでもなく開いていて、仲間になってくれる人も少ないので、フルボッコ状態なんですよね。

 

自分はやってないのに、何故か自分が怒られる

これも新人にはよくあります。

例えば、物を置きっぱなしにしてたり、床頭台を片付けていなかったりした際に、たまたまそこに居合わせると、何故か新人が怒られるんですよね。

「自分じゃない」とも言えないので謝るしかないんですよね。

たとえ「自分じゃない」といっても、「自分じゃないとそのままにするんだ?そんな無責任なんだ?」と返されるんですよね。

これはもう罠を張ってたとしか思えませんよね。

 

先輩に教わったことをしたら、上司にこっぴどく怒られる罠

ときに先輩看護師に教えてもらったことを実践していると、上司に怒られることがあります。

「そんな手技駄目だよ!何学んできたのよ!」とか言われるんですよね。

でも名前は決して出せないので、またフルボッコ確定です。

こういう状況に陥ると、ただ目を瞑り上を向くことしかできないんですよね。

 

朝の情報収集や記録中でも、先輩看護師が近づいてきたら笑顔でPCを譲らないといけない

1年目って、とにかく肩身が狭いもんです。

情報をとるのも、PCの台数が限られているので、先輩看護師の出勤前までにとらないとならないんですよね。

で、先輩が近づいてきたら、笑顔で「どうぞ」とか言って席を立たないといけないんですよね。

これ、朝の情報収集でよくみられる光景です。

対策は、ナースコールや電話の近くのPCで情報をとることです。(ナースコール近くや電話近くは対応しなければならない為人気がありません)

 

 

1年目看護師は病院の多忙さや暗黙のルールに辞めたいと思っています。

朝は勤務1時間以上前から情報収集

1年目の看護師はとにかくやることや覚えることが多いです。

情報収集も1年目は、どこから情報をとればいいのかわからないので時間が掛かります。

そのため、1時間以上前から出勤して、情報をとることもままあります。

先輩看護師がきたらどかなければならない理由もあります。(PCが使えなくなる)

こうした様々な理由があることから、1年目の新人看護師は寝癖ついたままでも朝早い出勤を求められます。

 

帰宅は常に夜

1年目看護師は朝早く夜は遅いです。

まず業務中に記録ができません。

できないのは、まだ業務をうまくこなせないことが多分にあります。

記録においても、どうやって書けばいいのか正解がわからないので、先輩の書き方などを見ながら書きます。

こうしたこともあり、時間はあっという間に立ち、帰るころには夜なんてことは多々あります。

中には、日勤なのに、夜中まで残っていた新人を何人か見たこともあります。

そういった人たちは皆3年後には残っていませんでした。

 

休憩・仮眠の表記はあるが全然とれない罠

これも看護師にはあるあるの話です。

病院は多忙を極めるため、休憩が設定してあっても、ほとんど休憩をとれずに午後も働くなんてことはざらにあります。

さらにこれが1年目看護師となると尚更で、水分を一口飲みに戻れる時間があればよいなんて時も間々あります。

夜勤の仮眠時間においても、同じようなことがいえます。

ただでさえ人数が少ないなか、沢山の輸液管理や服薬管理、ナースコール対応、記録にチェック作業などなど山ほど行うことがあり、仮眠なんて全然とれません。

完全な罠です。

 

日勤で遅くまでいたのに、何故か夜中も働いている罠(3交代)

正式名称は「3交代日深の罠」という罠になります。

やることの多い病院などによっては、過酷な夜勤を考えて、3交代(日勤、準夜、深夜)というシフトを敷いていることがあります。

しかしこれって、看護師のことを考えているわけではなくて、もっと過酷に働かせるための罠なんですよね。

まず3交代のシフトが敷かれている病院では、シフトの構成上、日勤→深夜、準夜→準夜→準夜、深夜→深夜→深夜などといった常軌を逸した勤務形態が出現します。

日勤→深夜においては、日勤業務を定刻17時ころに終えて、1時くらいに勤務する形になります。

インターバルが8時間となっています。

そして気付くと思いますが、そもそも日勤業務が17時の定刻に終わりません。

更に深夜も9時には100%終わらないです。絶対記録で残ります。

さらに言うと、当然情報をとる為に定刻の30分以上前には出勤しなければなりません。

1年目ならもっと早いです。

家が遠いと、このインターバルが更に短くなります。

わかります?家に着いても3~4時間くらいしか休めないんです。

1年目や家が遠い人などは、病院に泊まる人もいます。

こうなると、常に病院にいる感覚に陥ります。

立派な社畜の誕生です。

 

朝は身体が重く憂鬱

1年目の看護師というのは、ただでさえ緊張しているため、病院にいるだけで、毒の沼地の如く体力が削られていきます。

そのうえ、業務内容は多忙を極めるため、毎日そのような病院で働いていると、家に帰っても心拍が下がらず緊張状態がつくりだされます。

そんな状態で朝を迎えると、「またあの過酷な戦場へ行くのか、、、」「またあの先輩の顔を見ないといけないのか、、、」などと考えてしまい、重く胸がざわつく憂鬱な気分になります。

この状態が長く続くとぼんやりしていた退職の2文字がくっきりと見えるようになります。

 

ナースコールやモニター音が家に帰っても聞こえる

病棟は様々な声や音が飛び交います。

まさに戦場のようです。

こんな戦場では、本来リラックスできる基地のはずのナースステーションへ戻っても、ナースコール音やモニター音が止まらずに鳴り響きます。

このような状態が長く続くと、家に帰っても、なんだか聞こえてきます。

あのメロディ仕様のナースコール音やアラーム音になったときのモニター音が。

目を瞑っても、耳を塞いでも聞こえてくるので、情緒が不安定になります。

 

誰より動くことが求められる

1年目では、戦闘機の撃墜数の如く、ナースコールをとることを自然と求められます。

これが少ないと、先輩看護師から煙たがられます。

先輩看護師が「私が行くからいいよー」と笑顔で言っていても騙されてはいけません。

休憩中に「あの新人全然ナースコールを取りに行かない」と確実に言われています。

なので、誰よりも早くにこの音に反応することが求められます。

クイズイントロドンです。

記録をしていても、意識はナースコール盤やモニター画像へ注力を注がれるので、当然捗りません。というか記録などできません。

 

勤務終了後はサービス残業がオプションで必ずついてくる罠

1年目看護師は、記録などその時にしなくても大丈夫なことはどんどん後回しにしないといけません。

優先順位というやつです。

しかし後回しにするのをいいことに、その他の業務が定刻ぎりぎりまで組まれているんですよね。

よって記録は定刻終了後となります。

ナースコールだけは定刻終了とともにとらなくても良くなる暗黙のルールがあるので、記録に集中できるようになります。

そしてこの定刻後の記録の時間は、嬉しいことにサービスとなっています。

無料で記録を行わせてもらえるので、日勤中1行も記録をできていない1年目看護師は涙目で記録ができます。

 

OPEや検査が迫っているのにルートがとれないタイムプレッシャー

1年目看護師というのは、知識だけでなく、経験や技術が圧倒的に不足しています。

その中でOPE出しや検査出しなどがついていると、ルートを確保しなければならないので、非常に焦ります。

急変時は当然更に焦ります。

1年目看護師は、こうしたタイムプレッシャーを強く受けるので、日ごろから知識・技術の向上だけではなく、常にこうべを垂れておかないといけません。

 

安月給なのに忙しすぎて、お金が使えず貯金が貯まる罠

多忙な病院に勤めていると、あまりの忙しさに、家に帰るのも夜遅く、夜勤があれば昼間は寝てるなどの関係で、ショッピングなどにお金を使う機会が必然的に減ります。

こうなると家と仕事の往復しかしなくなるので、勝手にお金が溜まっていきます。

これは良いことなのか悪いことなのか迷うことがありますが、自分の意志でお金を貯めているわけではないので、完全に悪です。

1年目看護師はベテラン看護師に比べて圧倒的に自由な時間が少ないので、この罠にかかりやすいです。

 

 

1年目看護師が直面する辞めたい理由は新人特有の人間関係と過酷な労働がほとんど

以下は医労連の調査による看護師が仕事を辞めたいと思う退職理由になっています。

*出典:「医労連」による2017年看護職員の労働実態調査結果報告より抜粋

これは看護師全世代のアンケート結果になっており、人手不足や給料についての不満が上位をしめていることわかります。

しかし、先の理由などから、新人の辞めたい理由としては、以下のようなことがいえると思います。

 

新人看護師の辞めたい理由!

★人間関係(特にプリセプター) 

★人手不足で仕事がきつい(過酷な労働環境)

 

が辞めたい理由の大部分になっていると推察できます。

特に新人においては、プリセプターとの関係性というのは、非常に大切です。

ここでその病院で勤めていくか、2~3年で辞めるかのジャッジが下されています。

因みに3年目までに退職している看護師の割合は4割といわれています。

 

 

辞めたいときに1年目看護師のとるべき手段は3つ

堪え難きを堪える(残留)

天皇の玉音放送のような答えになってしまいますが、とにかく耐えて耐えて自分に知識や技術、経験がつくのを努力して待ちます。

昔はこうして立派な看護師が育っていました。

でも看護師の中には、新人の時に虐められて立派に育ったから、自分も新人を虐めて育てるみたいな間違った考え方になる可能性も秘めているので、気を付けなければなりません。

ただ苦しい時を一緒に過ごせる同僚や相談に乗ってくれる先輩看護師などもいるなら、堪え難きを耐えることは少しは楽になります。

堪え難きを耐えるに必要なことは良好な人間関係の構築が大切になります。

 

1年目看護師が仕事を続けていく上で大切なポイント!

  • 相談のできる同僚
  • 相談のできる先輩看護師
  • クリーンな病院環境(患者同様、従業員のことも本当に考えている)

が、残留に必要な条件となります。

 

辞めるという選択

1年目看護師を続けていく上において、上記が守れていないブラックな病院で働き続けると、遅かれ早かれ退職という選択をすることになるか、抗うことを諦めた社畜が誕生します。

ブラックな病院では、反旗を翻すようなことは、医者でもできませんので、正直時間の無駄となります。

ブラックな病院では、社畜になるのが、生き残る術でもあります。

こうした働き方に不安や疑問をもつ方やある程度貯蓄のある方は退職を選択してもよいと思います。というより退職した方が良いでしょう。

退職という響きは、一見看護師として働くことから逃げているように見えるかもしれませんが、人生においては逃げではありません。

余力のあるうちに退職することは、新たな道を模索するエネルギーとしても使えるからです。

 

転職するという選択

これは、辞めるという選択に比べて一歩進んだ選択になります。

自分が長く勤める環境において、今勤める病院が向かないと判断できたのなら、早期退職・転職するというのは何も悪いことではありません。

1年目看護師は、「早期退職・転職する」ということに対して、次の病院側に「根性がない」とマイナスな印象をもたれてしまうのかと不安に思うかもしれませんが、そんなことはありません。

病院側にとって、まだ何色にも染まることのできる1年目看護師というのは、病院側にとっても貴重な人材(人財)として考えてくれます。

病院側にとって、染まりきったベテラン看護師の方が扱いづらいものです。

 

以下に1年目看護師でも気軽に相談・転職のできる転職サイトを紹介しておきます。

今の病院がどうにもこうにも辛くて、相談できる同僚も少ない方は、登録して相談してみるのも一つの解決手段となります。

 

ナース人材バンクは看護師の求人数が最も多いので、沢山仕事の中から自分にあった求人を探すことができます。

ナース人材バンク
4.75

求人数20万件と業界第1位!!!ここにない求人は殆どないといえます!登録だけでもしておくべきモンスター求人サイトです!!!簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます。
求人件数の多さから、いろいろな仕事に興味をもつ20代や求人数が減ってきた40~50代の看護師の転職にもおすすめのサイトです!

求人数 5
企業規模 5
利用数 5
仕事の見つけやすさ 4
総合おすすめ度 S

こんな方へおすすすめ。

大手転職サイトで安心した転職活動をしていきたい方

病院、クリニック、社会福祉施設、美容整形など希望の働き方に迷っている方

東京で霞むほどの求人から希望の病院を見つけたい方

きっと満足する仕事があります。

しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。

ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。
口コミ【残念編】
匿名さん

大学病院を離れて中規模の病院への転職を考え、ナース人材バンクに登録しました。登録したのが深夜だったのですが、翌日早々に電話がかかってきました。
まずは自宅近くのカフェにエージェントさんが来て顔合わせと希望する業務形態の確認、その後メールで希望にマッチングした求人の情報が送られてきました。
気になる求人をピックアップし返信すると、再度カフェでその病院の詳細や雰囲気等の特徴を見せてくれ、受験の意向と希望日を伝えるととてもスムーズに面接のアポイントをとってくれました。
無事に採用され働き始めたのですが、その後しばらくは約3ヶ月毎に電話がかかってきて「どうですか」「いろいろ求人を用意してるのでいつでも連絡ください」など次の転職を催促するような内容を伝えられました。
利用から5年経っても、忘れた頃に電話がかかってきます。職場探しの段階では非常に楽でよかったのですが、就職したあとも何度も電話がかかってくるのがすこし煩わしかったので、そういったことがあまり好きでない方にはおすすめしません。

 引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
Nさん

長年耐えてきましたが、職場の環境がどうしても合わずに転職しようと求人を探し始めたのがきっかけでナース人材バンクには登録をしました。他にも求人を紹介してくれる会社に複数社登録をして、電話で状況を話したり、時間があれば面談をしてもらったりして転職活動をスタートさせました。
仕事自体が忙しく、あまり時間が作れないので、こういった転職活動の支援をしてくれる企業が多くてすごく助かります。
ただ、中にはこの病院はオススメですって強く進めてくる担当者がいたり、まったく希望していない働き方なのに、求人を送りつけてきたり、ちゃんとしてって思う企業もあります。
そんな中、ナース人材バンクの担当の方はとても優しく、看護師の事をとてもわかってくれているので話しがしやすいし、悩みや希望条件をしっかり把握してもらえていました。
連絡や求人の紹介もスムーズですし、複数登録をしましたがナース人材バンクが一番良かったです。

引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
Tさん(女性)

ナース人材バンクはほかのところに比べてコンサルタントが私の話をよく聞いてくれた気がします。あえて名前は出しませんがほか2つはかなりスピード感をもって転職活動を支援する感じですね。たまたま私の担当になった方の性格による部分もあるかもしれませんが、私は在職中に転職活動を始めたので一刻も早く転職したいというよりかは時間がかかってもいいから確実に良いところに転職したい派の人だったのでナース人材バンクのコンサルタントが一番やりやすかったです。
私たちは転職活動支援会社から見たらただの商品なので在庫を早めに売りつけたいのはわかるのですが、当事者の私からしたらそんなの関係ないですからね。ガツガツした感じが苦手な人にはぴったりなサイトだと思いますよ。

 引用元:BEST WORK


 

 

医療ワーカーは病院施設数がもっとも多い転職サイトになります。サイトもわかりやすくて使いやすいのでおすすめです。

医療ワーカー
4.75

医療ワーカー

求人数8万件超え!関西圏にも求人数多数!
全国の精神科病院・クリニックの求人数に関しては他のサイトの追随を許しません!
純粋に施設数だけだったら、No1の数を誇ります!
選りすぐりの案件に出会いたい20代~30代に特におすすめの転職サイトです!!!
簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます。

求人数 5
企業規模 5
利用数 5
仕事の見つけやすさ 4
総合おすすめ度 S

こんな方へおすすすめ。

応援制度を利用してみたい方

精神科病院や心療科クリニックを探している方

関西圏での職場をお探しの方

きっと満足する仕事があります。

しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。

ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。
口コミ【残念編】
Yさん

ネット上で好条件な求人が多そうだったので登録しました。
しかし、希望条件をお伝えした直後に妊娠が発覚し、またその経過も良くなかったため、担当の方に就職活動を休止するとお伝えし了解を得ました。
ところが、次の日には直ぐにオススメの求人情報が届いたら、現在の求職活動状況についての聞き取りメールが来たり、電話が来たり…。
こちらはそれどころではないのに、情報共有もされていないのかとがっかりしました。他の方から再度電話があり上記をお伝えした際も、直ぐにでも電話を切りたいような、誠意のない対応でした。
それ以外も、いくつか紹介していただいた内容も希望から外れていたり、場所以外、待遇もわからない状態で面接するかの判断を求められたり。
正直、他の業者さんの方がずっと親切でわかりやすかったです。私がハズレの担当者を引いただけかもしれませんが、ハローワークの方がマシかも

 引用元:みん評

口コミ【成功編】
Kさん

以前の職場は同僚の紹介で転職をしたのですが、友人から聞いていた話と実際の条件面が違い、非常に後悔しました。医療ワーカーに登録してみたところ、それまで見ていた情報誌に掲載されていた求人情報と雲泥の差で、好条件のお仕事ばかりなので驚きました。医療ワーカーでは非公開の条件の良いお仕事情報が豊富ですね。コンサルタントのサポートで、年収は60万もアップし、休日数も増えて満足です。入職前に採用条件確認書があり、待遇面などもきちんと確認できたのもよかったですね。

引用元:みん評

口コミ【成功編】
Mさん

諸事情により転職することになって利用させていただきました。他会社と併用して使わせていただいたのですが、1番対応が丁寧でした。担当の方がとても丁寧に親身に話を聞いてくれたことにより、自分の希望に沿った病院に就職することができました。就業してからも定期的に連絡していただき、その方には本当にお世話になってます。以前の職場の友人もその担当の方にお世話になることになりました。私は医療ワーカーさんが1番オススメです。

 引用元:みん評

 

 

看護roo!はお仕事紹介も行っています。看護学校のときに情報収集として使った方も多いと思います。

看護roo!
4.75


看護roo!

求人数5万件超え!!!全国どこにでも求人あり!!!精神科病院や介護施設の求人にも強いので、30代以上の方におすすめ!!!
看護の情報も多く、お仕事紹介以外の情報収集の場としても使えるサイトとなっています。
簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます。

求人数 4
企業規模 5
利用数 5
仕事の見つけやすさ 5
総合おすすめ度 SS

こんな方へおすすすめ。

口コミ・評判の良い大手転職サイトで安心して転職活動をしていきたい方

元看護師や専門知識が豊富なエージェントにお仕事を探してもらいたい

きっと満足する仕事があります。

しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。

ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。

 

口コミ【残念編】
Nさん

サイトの操作性と口コミから登録しました。
しかし、担当からの電話にて、詳しく現在の状況や希望する条件などをお伝えしたところ「すぐ条件の合うところを探して、お電話しますね」との事だったが、数時間後「希望条件に合うところはありませんでした。失礼します」と簡単なメール一通のみ……。
そんなに難しい条件だしたつもりはないのですが……え、こんな対応なの?とビックリ。
サポート力、全然感じなかったので★1です。

 引用元:みん評

口コミ【成功編】
Aさん

看護ルーに登録してまもなく、別サイトから紹介してもらった病院から内定を貰うことができたので、病院を探してもらうのをお断りしようか迷っていました。実は内定を貰った病院は、志望した内容には沿っておらず、ある程度妥協して選んだ病院だったので、数年働いて別の病院へ行こうと考えていました。看護ルーからお電話を頂いたとき、その旨を伝えるとすぐに私の希望に沿った病院を探してくれました。細かいところまで希望していたので、必死になって探してくれたことを思うと感謝の気持ちでいっぱいです。面接の際には、私の担当者になった方が同行してくれました。
隣でいてくれるだけで緊張が和らぎ、ハキハキと面接に挑むことができ、1人で面接に行くよりも手ごたえがありました。その後、希望の病院から内定を頂くことができました。
いろいろご迷惑をおかけしたのですが、看護ルーを利用してよかったです。もし、転職する際にはまた利用させてもらおうと考えています。

引用元:みん評

口コミ【成功編】
Tさん

病院で若い子が増えてきて、年層で派閥ができそうだったから転職をすることに。
ここのサイトは年齢層からも検索できたので、同じ年代の人と働けるのはよかったです。
前みたいな派閥が生まれることはなさそうなので。
面接の時には、若い女性に付き添ってもらって行なったんですけど、私が喋りやすいようにリードしてくれたり、言葉に詰まったときには、代弁してくれたりして助かりました。
年下の女性に助けられると多少ムムって思うこともあるんですけど、すごい健気にがんばる女性だったんで印象が良かったです。

 引用元:みん評

 

 

 

 

さいごに

1年目看護師というのは、中堅看護師などに比べて、圧倒的に大変で、嘔気をもよおすほどストレスも溜まるものです。

せっかく自分の選んだ病院、初めて働いた病院なので、そこが最高な職場であることがベストですが、なかなかそうもいかないのが現実です。

1年目看護師だと思い悩んでしまうことも多いとは思いますが、日本には病院数は8,000件以上、クリニックや訪問看護や社会福祉施設なども含めると、170,000件以上の膨大な職場があります。

どんな方にも自分に合った職場は必ずあるので、悩み相談だけでもしてみることをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。