イベントナースにツアーナース!ルーティン業務から抜け出したい看護師さんへおすすめの転職サイトはこちら!

2020年 転職活動をしている看護師さんへ

転職サイトによりますが、コロナ禍によって一時期10%以上減少していた求人が戻ってきています。(2020年10月現在)

これはコロナ禍での一斉退職による人手不足などが考えられ、波が押している状態です。

昨今の経済の不安から、求人者の多くが正社員を希望している為、望みの転職が決まりづらくなっていましたが、一時的にでも求人数が増加している今は転職のチャンスといえます。

是非このチャンスを逃すことなく、早めに複数の転職サイトへ登録するなど十分な対策を行い、希望の転職先を見つけていくことをお勧めします。

 

あなたの描く看護師の最高の働き方とはどういう働き方ですか?

 

毎日先輩看護師や師長の顔色伺ったり、毎日残業したり、毎日同じ業務をすることですか?

絶対に違いますよね。

そもそも働きたくない?

それは全員そうです。

 

この答えはMCナースネットで見つかるかもしれません。

以下がMCナースネットの行っているサービスとなります。

 

MCナースネットの評価

求人施設数 4
企業規模 4
利用数 4
サイトの扱いやすさ 3
プライバシーへの対応 4
総合おすすめ度 B

① ツアーナースが売り

MCナースネットでは、2020年新型コロナウイルスにより件数は激減しましたが、修学旅行などの付き添い看護師であるツアーナースが売りです。

看護の対象が患者ではなく、健康な生徒になるので、普段の看護とは違った雰囲気で仕事を行うことができます。

ツアーナースの基本的な仕事は、ちょっとした怪我などの応急措置や検温や薬の必要な生徒の内服管理などの健康管理となります。

ツアーナースは病院などのルーティンワークと違うので、病棟業務にマンネリを感じている人にはとてもおすすめな働き方です。

 

② 豊富な種類の求人

下記は2020年3月現在の主要14都市の求人件数になります。

「MCナースネット」は求人数が2万件と少なめですが、ツアーナースやイベントナースに企業などの健康診断を行う健診ナース、CRCなど多種多様な求人を豊富にもっています。

 

  • ツアーナース
  • イベントナース
  • 健診ナース
  • crc

 

こうした求人は他では扱っていないことも多く、一人で見つけるのは困難な為、非常に貴重な紹介会社になります。

求人割合としては、関東圏と宮城、愛知に多い求人があるのが特徴です。

またもともと医者が代表を勤めている会社ということもあり、看護師の気持ちも把握したうえでお仕事を紹介してもらえます。

 

 

③ プライバシーマーク取得

転職活動をしていると、いくつかの転職サイトへ登録することもあり、情報漏洩が心配になります。

しかし「MCナースネット」はプライバシーマークを取得しているので、自社以外に情報が流れる心配がありません。

小さなことかもしれないですが、転職活動をする上では、大切な確認すべきことです。

 

 

看護師転職サイトの選び方

転職サイト個々により、得意としている地域が違いますので、お住まいの地域に特化した転職サイトを選ぶことが大切です。
同じ病院ならば、どこの看護師転職サイトを選んでも提示している給料に変わりはありません。
給料UPは交渉によって変化することがあります。

転職サイト選びで大切なことは、

①自分の希望の勤務地域に強い転職サイトを選ぶこと。

②交渉力のあるキャリアアドバイザーについてもらうこと。

この2つが重要になります。当サイトでは、それぞれの地域に強い転職サイトや交渉力のある転職サイトを紹介しているので、参考にしてもらえると良いと思います。

 

こんな方へおすすすめ。
健康な人を相手に看護をしてみたい方
関東圏や宮城、愛知などで転職先を探している方
珍しい看護業務を探している方
きっと満足する仕事があります。

 

 

まとめ

運営はメディカルコンシェルジュという2000年設立の従業員330名の会社です。

人材紹介会社としては珍しく代表者がドクターです。

MCナースネットでは、求人数が20000件と少なめですが、一般的な病院やクリニックだけでなく、CRCなどの珍しい求人や健診やイベント、旅行添乗、外資系企業などの求人も沢山紹介しています。

こうしたことから求職者はそれぞれのライフステージの変化に合った仕事を見つけることができるので、病棟のマンネリ状態から脱したい看護師さんには一度利用してみると良いと思います。

 

かぶり猫
企業などの健診ナースやイベントナース、旅行などに添乗するナースなど多種多様な求人があるよ!

おすすめ登録度:

最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。