現役看護師がキャリア半年という一年未満での退職・転職について語ります。

入職して半年・・・なんとかやれていますか?

少しは病院に慣れましたか?

友達はいますか?

無理はしていませんか?

 

ここでは新人の抱く不安や悩みなどを鑑みて転職という道も紹介しています。

これを読んで半年~1年未満で退職を考えている方の一つの選択肢になれればと思います。

キャリア半年~1年未満での退職・転職を考えている新人看護師へ向けて書いてあります。

なので、入職後不安はあっても、笑顔で通えている方には、この先を読む必要はありません。

きっとうまく乗り越えていけます。

仕事に行き詰まり、にっちもさっちもいかなくなったら、ここへ戻ってきて読んでもらえたらと思います。

 

看護師の離職状況は高い。?

まず以下に新人看護師の退職比率を示します。年数わけで表示します。

*厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況」を基に作成

単純に積み上げただけですが、医療・福祉業界の新卒者の3年間での離職率は、高卒で約45%、専門・短大卒で約36%、大卒者で約39%と高い傾向にあります。

このように実際のデータから新人看護師も例に漏れず、数年生き残ることが如何に難しいかわかると思います。

では次にこういった早期退職が何故起きるのわかりますか?

これは人によってさまざまな理由があると思いますが、下記に代表的なものを示します。

新人看護師の悩みと退職理由

覚えることが多い

新人看護師の覚える仕事というのは、単純に患者を看れれば良い、看護の知識があれば良いというわけではありません。

日々の業務やさまざまな書類対応など全て理解ゼロの中からスタートして覚えていかなければなりません。

入職当初にもらったマニュアルなどがあると思いますが、物の名前や置いてある場所などはマニュアルには載っていないことが多いので、これら覚えていくことは山のようにあります。

その為、暗鬼が苦手な人で、普段からメモ帳などをうまく活用できていない人はスタートダッシュを決めることができません。

指導者も最初のうちは親切に教えてくれますが、物覚えが悪いと、教えてもらうと同時にちくっとした一言も同時にもらえるようになります。

 

人間関係が疲れる

新人の頃というのは、人への気遣い半端ないです。

だってそこでの印象が全てですから・・・

人間は最初の印象で、その後が決まるといったメラビアンの法則があります。

そこでの印象が悪いと、その後の予想されたバラ色病棟ライフが大きく崩れることになります。

もちろん最初の印象が悪くても、盛り返す人はいます。

しかし入職半年くらいの新人には、最初の印象が全てと言えます。

看護師の仕事というのは、他職種と比べて、男女比1:9と女性が多い為、こういった人間関係の悩みというものはとても多いです。

また社会人経験の看護師では以下の悩みもあるようです。

口コミ

東京都:かおりさん(28歳・女性)
私が入職した病院は200床ほどの民間病院であり、入職時、看護師の新人は3人しかいませんでした。

入職後、プライマリーに教わるときから、教え方の違いは感じていました。

私のいないところで他二人の看護師へ手技の説明をしていたり、一度も経験したこともない手技を突然やってと言われて、「できません」といったら「何も調べてこないんだ」と怒られ、物の場所を確認するだけで、嫌な顔をされたりと、ひどい扱いをされました。

同様のことを他の新人が行った時は、とても笑顔で優しく説明していたので、その違いは明らかでした。

他の新人看護師も、そのことに気付いていましたが、私同様新人であったことから、当然助け舟は出してもらえませんでした。

そんなこともしっかり仕事を覚えれば終わると思って頑張ってきましたが、出勤する度に執拗にそのような対応が続き、入職後4ヵ月ほど経った頃から、そのプライマリーを見ると激しく動悸が生じるようになり、仕事後には訳も分からず涙が出るようになりました。

以降も症状はなくなることなく、結果半年で仕事を辞めることとなりました。

その後、就職したところでは、そのような接し方をされることもなく、現在5年目の看護師として働いています。

当時を振り返っても、何が原因かは未だにわかりませんが、看護師という業界は、こうした人間関係の難しさから辞めていく人は多いんだろうなと思いました。

 

仕事が激務

覚えることが多くても、仕事が落ち着いているなら良いのですが、病院というところは違います。

病院といっておきながら、「ここ戦場なんじゃないの。?」というような忙しさがあります。

病棟は、業務をこなせば良いだけでなく、ナースコールや様態急変などのイレギュラーなケースも多いことから、やることが目まぐるしく変わります。

さらに半年もすると、検査出しやらOPE出しなども一人でするようになるので、その準備や知識だけでなく、タイムスケジュール通りに進ませる調整力も必要になります。

ほんとに分刻みのスケジュールで物事を考え、予測し、準備して業務を遂行していかないといけないので、業務時間中は常に集中していないといけません。

今することに集中しつつ、次々くる業務に優先順位をつけながら行動しないといけません。

自分も新人の時は、こうした時は、常に頭の中がフルに動いている感じでした。

実際に走っていないのですが、頭の中で全力疾走しているような感覚。これがほぼ毎日続きました。

 

サービス残業が多い(前残業、後残業)

これは基本新人は早めに帰らすように病院で徹底指導されていますが、病院の規模によっては、新人も立派な戦力として数えなければならず、そうした比較的規模の小さい病院では、残業は当たり前のものとしてついてきます。

また勤務時間というのは決まっているのですが、緊急入院やOPEなどの時間が押したりすると、当然定時では終わらないので、そのような患者をもっている場合、当然定時では帰れません。

また基本的に業務時間中は忙しく、記録をする時間などは業務中には殆ど行えない為、勤務終了後にすることが多く、終業1~2hの残業はざらにあります。

さらに、勤務前の情報収集に関しても、新人では情報収集のポイントというのを掴めていない上、早めにきて情報収集しなけれなりません。

また電子カルテなどの場合、使用できるパソコンの台数も限られていたりして、パソコンが足りない際は先輩へ譲ったりする配慮も必要となるので、情報は先輩看護師の出勤前までにとらなければいけないといった時もあります。「席を譲ったので患者の情報をとれませんでした」は当然まかり通りません。

 

 

なので、新人の頃は始業開始1hほど前の出社は必要になってきます。

そして残業代に関しては、「業務が遅いのは新人だから~」という理由で、残業代はまず出ません。

入社後半年もいると、「いつまでも新人じゃないんだから~」「看護師としての責任をもって~」とかいうセリフも飛んでくるようになるので、定時上がりの扉は自然に閉ざされています。

ゆえにサービス残業確定です。

 

休みがとれない

半年もすると、新人も一つの戦力としてカウントされること、病院の経営上、人員を余分に確保されていないこともあり、誰一人休むことができません。

休むことはその分の膨大な業務を残った誰かが背負わないといけなくなるからです。

なので基本熱発くらいでは休みません(休めません)。

「看護師として自分の健康管理を見れないのに、患者の健康見れるの?」というセリフがトマホークのように飛んできます。

また半年も勤務すれば有給休暇も労働基準法により発生しますが、そんな状況故、ほぼ使用することができません。

お飾りです。

 

生活リズムが崩れやすい

早い新人だと入職後半年ほどすると、夜勤業務が始まります。

夜勤をやるようになると、日勤だけの勤務に比べて、当然体調管理が難しくなり、生活リズムを崩しやすくなります。

また減ってはきましたが、まだ3交代の勤務形態を有する病院などの夜勤では、更に体調を崩しやすくなります。

3交代の勤務形態とは日勤、準夜、深夜といった3つの勤務時間による業務形態です。

3交代の勤務では日勤(9-18)→深夜(0-9)などの勤務形態があります。

これは日勤(9-18)で勤務した後、深夜(0-9)で出勤するというような勤務です。

この勤務形態では、日勤で残業があった時などは悲惨で、殆ど連続で業務に入っているような形になります。

人によっては自宅へ帰らずに、病院で仮眠し、そのまま深夜業務に入る方もいました。

また深夜(0:00-9:00)→深夜(0:00-9:00)→深夜(0:00-9:00)といったものや準夜(17:00-1:00)→休み(1:00-24:00)→深夜(0:00-9:00)と休みが挟まっていても、実質24hもない休みであったりと、無茶苦茶な勤務が混ざりあうものもあります。

その為、3交代の勤務形態で生活リズムを整えるのは至難です。というか、まず無理です。

 

こういった勤務形態が続くと精神的にリラックスする時間を作ることができず生活リズムが崩れてしまいます。

 

給料が安い

厚生労働省の調査によると、2019年度の看護師の平均年収は479万円と言われています。

ですが、公立病院などに勤めると、新人だと基本給が安い為、給料は低めです。

看護師は、他職種の20代と比較すると決して給料は低くはないですが、夜勤などの手当ても含まれてのものなので、多忙の夜勤を考えると、決して給料が高いとは言えません。寧ろ体力・精神・時間を極限まで削られるハードワークを考えると割りに合わないと考える看護師も多いようです。

 

責任感が重い

看護師というものは、患者の命に直結する業務もある職種なので、高い責任感を問われます。

もちろん、それをわかって看護師になったので、今更と思いますが、今まで見ることのなかった受け持ち患者の死や、そういった状況に長くさらされることで、責任感の重圧に耐えられなくなる新人もいます。

 

 

これらが新人看護師が抱える8つの悩み

覚えることが多い

人間関係が疲れる

仕事が激務

残業が多い(前残業、後残業)

休みがとれない

生活リズムが崩れやすい

給料が安い

責任感が重い

 

 

半年という1年未満の就業期間で看護師に転職先はあるのか?

上記にあるような悩みを新人看護師は大なり小なり抱えて過ごしていると思いますが、そもそもそんな短い期間で退職した場合、転職先はあるのでしょうか?

切実に退職を考えている新人にこうした不安は多いと思いますのでお答えします。

答えは明快です。

就業期間半年でも看護師には沢山の転職先はあります。

これには二つの理由があります。

一つ目の理由としては看護業界特有の将来的な看護師不足という問題にあります。

将来的な看護師不足

上記図のように看護職員は増加傾向ですが、日本経済新聞によると、2025年に約6~27万人不足するとの推計を出しています。

2025年に「残業なし、有給20日間取得」するには、「約202万人」必要。

2025年に「残業10時間以内、有給10日間取得」するには、「約190万人」必要。

2025年に「残業10時間以内、有給5日以上取得」するには、「約188万人」必要。

との推計を出していることから、看護師は引く手あまたの求人があります。

 

二つ目の理由としては、「看護観が完成していない」言い換えれば、「何色にもまだ染まっていない。」ということになります。

看護観が完成していない

新人看護師は、キャリア10年を超えるような看護師と違い、看護観というものが完成していません。

看護観がしっかり固まった看護師というのは、転職時に病院との看護観がずれいる場合、その修正が難しく、職場に馴染めないことが往々にしてあります。

その点、新人看護師は、そうした看護観を養う際に柔軟な考えをもてる為、例え前の病院を半年で辞めていたとしても、求人側は「これからしっかり教えれば、しっかりとした人材になる」と考えているので、半年退職でもWelcome。として受け入れてもらえます。

 

☆半年で辞めた新人看護師でも転職先が見つかる理由

  • 将来的な看護師不足
  • 看護観が完成していない

 

新人看護師が希望の転職先を見付ける方法は。?

一般的に看護師の皆さんはどういった方法で転職先を見つけようとしますか?

新卒の時は、学校時代に行った実習先であったり、校内に置かれたパンフレットなどを参考にして、転職先を見つけたと思います。

ですが一度就職した看護師は、ハローワークや新聞の広告、スマホを用いて転職先を探すことになると思います。

 

ハロワーク

ハローワークは各地域に置かれている職業紹介所になります。住民は無料で仕事の紹介を受けることができます。

2020年3月現在、全国56,000件を超える求人数がありますので、希望の求人先も見つかるかもしれません。

ちなみに東京都の求人数において、約5,000件を誇ります。転職サイトにない案件があることもありますので侮れません。

ただ欠点もあります。それは求人側である病院・施設側も簡単に登録できることにあります。

こうしたことで、求人先がブラック企業であったという問題も起きており、公的な職業紹介所とはいえ、全幅の信頼を置くことは危険です。

 

新聞の広告

地域の病院やクリニックなどの求人が出ていることはあり、気軽に求人先を探すことができます。

しかし広告は週に1度しか発行されず、しかも新聞をとっていないと広告を見ることもできません。

そして何より広告全てに医療系の仕事がのっているわけではありませんので、明らかに情報量が不足しています。

正直、広告で有用な情報を得られる時代は終わりました。

 

転職サイト

これは現在、スマホやPCなどインターネット環境で利用することができるサービスになります。各社によって違いますが、多いところで求人数20万件近くあり、少ないところでも1万件は超えていますので、まず見つからない求人はないと思います。

各登録求人においても、転職サイトのチェックが入っているので、ハローワークのようにブラック企業が紛れ込んでいることはないと言えます。

問題点は「人気のある求人などは非公開求人であることが多く、登録しないと確認できない」ことや「転職サイト会社が多く、どのサイトを利用したらよいのかわからない」ということだと思います。

 

キャリア半年の新人看護師はどれを利用したら良いでしょうか?

様々なお仕事をハローワークや転職サイトで探すことができますが、おすすめなの探し方は、転職サイトを使って仕事を探して、そこでなかったらハローワークで探してみることです。

何故転職サイトを利用した方がよいのかというと、転職サイトでは、登録者ひとりひとりにエージェントと呼ばれる担当者がつくからです。

このエージェントはあなたのブレーンとなって転職を手助けしてくれるので、人間関係の良い職場や給料の良い職場、残業の少ない職場など、ありとあらゆるあなたの希望から、仕事を見つけてきてくれます。

また再就職に必要な履歴書の書き方や面接対応などのアドバイスもしてくれるうえ、給料交渉などもおこなってくれるので、ほんとに至れりつくせりです。

何故ここまで見ず知らずのあなたへ協力してくれるのかというと、転職サイトの事情にあります。

転職サイトはあなたが求人先へ勤めることで報酬を得るからです。

結局金か。と冷ややかな目で見るかもしれませんが、このお金が動くということが大切になりす。

また、ここがハローワークなどとの違いになります。

ハローワークのようなお役所仕事では、仕事を紹介しても、職員にお金が入るわけではありません。

紹介してもお金が動かないハローワークでは、顧客ひとりひとりへの責任感がどうしても薄れます。

しかし転職サイトでは求人先へ紹介することで、報酬を得ることができるので、あなたが希望の職場を見つけることができるように、必死で探してくれます。

またいい加減な職場を紹介することもありません。

そんなことをしたら会社の価値を落とすだけだからです。

だからこそ、各社一生懸命あなたへ仕事をもってきてくれるのです。

プロ野球選手やプロサッカー選手などが、エージェントを雇って契約交渉するのと同じです。

長くなりましたが、これが転職サイトを利用したほうが良い理由になります。

 

ここからはおすすめの転職サイトを紹介します。

ここで紹介する転職サイトは個人的にも利用したことがある転職サイトですので、新人看護師でも自信をもって押すことができます。

キャリア半年の新人看護師におすすめの転職サイトはこちら。

キャリア半年でもしっかり働ける職場を紹介してくれるので、構えずに、お気軽に相談してみてください。

病院探しはこちらがおすすめ。

医療ワーカー
4.75

医療ワーカー

求人数8万件超え!関西圏にも求人数多数!
全国の精神科病院・クリニックの求人数に関しては他のサイトの追随を許しません!
純粋に施設数だけだったら、No1の数を誇ります!
選りすぐりの案件に出会いたい20代~30代に特におすすめの転職サイトです!!!
簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます。

求人数 5
企業規模 5
利用数 5
仕事の見つけやすさ 4
総合おすすめ度 S

こんな方へおすすすめ。

応援制度を利用してみたい方

精神科病院や心療科クリニックを探している方

関西圏での職場をお探しの方

きっと満足する仕事があります。

しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。

ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。
口コミ【残念編】
Yさん

ネット上で好条件な求人が多そうだったので登録しました。
しかし、希望条件をお伝えした直後に妊娠が発覚し、またその経過も良くなかったため、担当の方に就職活動を休止するとお伝えし了解を得ました。
ところが、次の日には直ぐにオススメの求人情報が届いたら、現在の求職活動状況についての聞き取りメールが来たり、電話が来たり…。
こちらはそれどころではないのに、情報共有もされていないのかとがっかりしました。他の方から再度電話があり上記をお伝えした際も、直ぐにでも電話を切りたいような、誠意のない対応でした。
それ以外も、いくつか紹介していただいた内容も希望から外れていたり、場所以外、待遇もわからない状態で面接するかの判断を求められたり。
正直、他の業者さんの方がずっと親切でわかりやすかったです。私がハズレの担当者を引いただけかもしれませんが、ハローワークの方がマシかも

 引用元:みん評

口コミ【成功編】
Kさん

以前の職場は同僚の紹介で転職をしたのですが、友人から聞いていた話と実際の条件面が違い、非常に後悔しました。医療ワーカーに登録してみたところ、それまで見ていた情報誌に掲載されていた求人情報と雲泥の差で、好条件のお仕事ばかりなので驚きました。医療ワーカーでは非公開の条件の良いお仕事情報が豊富ですね。コンサルタントのサポートで、年収は60万もアップし、休日数も増えて満足です。入職前に採用条件確認書があり、待遇面などもきちんと確認できたのもよかったですね。

引用元:みん評

口コミ【成功編】
Mさん

諸事情により転職することになって利用させていただきました。他会社と併用して使わせていただいたのですが、1番対応が丁寧でした。担当の方がとても丁寧に親身に話を聞いてくれたことにより、自分の希望に沿った病院に就職することができました。就業してからも定期的に連絡していただき、その方には本当にお世話になってます。以前の職場の友人もその担当の方にお世話になることになりました。私は医療ワーカーさんが1番オススメです。

 引用元:みん評
看護のお仕事
5.0

美容クリエイティブ

2009年より看護師へお仕事紹介を始めている比較的若い会社です。求人数も豊富で利用者にどんどん支持を受けており、現在売上高は500億を超えている最注目の転職サイトとなっています。
希望の仕事を見つけたい方はとりあえず登録必須です。
簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます。

求人数 5
企業規模 5
利用数 5
仕事の見つけやすさ 5
総合おすすめ度 S

こんな方へおすすすめ。

一生勤めていたいほどの満足する職場に出会いたい方

病院だけでなく精神科やクリニックなどのお仕事も探している方

東京都で条件の良い転職先を探している方

企業看護師として働いてみたい方

きっと満足する仕事があります。

 しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。
ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。
口コミ【残念編】
Mさん(20代・女性)

総合病院で人間関係に疲れて転職を決意。
看護のお仕事に登録して、コンサルタントとの相性も良かったので、安心して転職活動に取り組んでいました。書類作りや面接対策などの準備もどんどん進んでいったので、採用まで早いんだろうなと感じていました。
再び職場の人間関係で悩まされるのは嫌だったので、提示された求人情報も全て信じようとはせず、何度も何度もコンサルタントに確認しました。いくつか挙がった候補の中からクリニックを選び、うまく採用まで行き着きましたが、実際に入職してみると、提示された職場環境の情報と現実がかけ離れていて、また人間関係に悩むことになってしまいました・・。
転職には美談がつきものですが、失敗例もあるのをお忘れなく。

 引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
Kさん(女性)

私の出した条件は、残業が少ないこと、車で30分以内、託児所がある、病院病棟で働きたい、教育がしっかりしている、今より基本給は3万円以上あげてほしい、というもの。
また、前職での不満や転職に対する不安も話を聞いてくださいました。条件を伝えるとすぐにいくつか候補を挙げてくださいました。
自分でも探してはみますが掲載されていないもの見逃しているものもあり、コンサルタントさんが条件に合わせてピックアップしてくれることは助かりました。ピックアップのなかから気になる施設を伝えるとさらに詳しく施設の雰囲気などを教えてくださいました。
そして、見学・面接の日程を調整してくださり、自分の経験や希望を踏まえた履歴書の書き方を提案してくださいました。
また施設ごとに、どのような面接でどのような質問があるか知ることができ事前準備ができました。面接もスムーズに行え、内定も数日のうちに返事を頂くことが出来ました。テンポ良く転職活動ができたと思います。
多分、自分ひとりだったらこうはいかなかったのではないかと思います。初めてでしたが利用して良かったと感じます。

引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
Mさん(20代・女性)

転職を考えていたときに、こちらの看護のお仕事を見つけました。
こちらは24時間電話でサポートしてくれるところがいいなと思い、登録しました。
昼間は仕事中だったり、休みの日の昼間は出かけてしまうことが多かったので、実際電話で相談するときは夜の遅い時間帯が多く、大変助かりました。
夜勤などもあって生活が不規則の中、転職活動をするのは結構大変でした。
ですが、コンサルタントさんが面接の日など私の都合のいい日に設定してくれたり、できるだけ希望に合った求人を紹介しようとしてくれたりと、とても頼りになる方でした。
しかも、採用が決まった職場の勤務開始日から働くのがどうしても難しく、それを相談したら、勤務開始日をずらしてもらえました。ダメもとで相談したので本当に助かりました。
転職を考えてる方には「看護師のお仕事」をオススメします☆

引用元:BEST WORK

マイナビ看護師
4.25

CMでお馴染みのマイナビが運営!
都市部に集中した求人数をもってるいので、都市部での転職を考えている方にはおすすめのサイトです。
マイナビはお仕事紹介の会社としては古く、転職ノウハウもキャリアアドバイザーも充実しているので、しっかりと仕事を見つけてもらいたい方には非常におすすめといえます。
簡単な転職サイトの特徴は詳細ページへから確認できます!

求人数 4
企業規模 5
利用数 4
仕事の見つけやすさ 4
総合おすすめ度 S

 

こんな方へおすすすめ。

35年以上の信頼・実績のもとで満足いく交渉をしてもらいたい方

東京、愛知で希望の転職先を探している方

美容に興味のある人

企業看護師として働いてみたい方

きっと満足する仕事があります。

しかし、どんな転職サイトであっても、利用者を十分満足させることができなかったケースもあります。

ここではそんな残念だったケースを口コミを通して載せていますので、ご参考までに読んでもらえると良いと思います。
口コミ【残念編】
Oさん

結婚及び妊娠をきっかけに夜勤が多かった大学病院での勤務を断念し、家から近いクリニックへの転職を希望するためマイナビ看護師に登録することに決めました。
給与面はまぁまぁ良かったのてすが時間帯が不規則で体力的にも精神的にもきつい大学病院とは違い負担の軽い勤務地を担当営業の方に捜して貰い、2ヶ所クリニックをご紹介頂きました。
どちらも家から近く勤務時間帯が決まっておりとても魅力的でしたが、片方は応募前に既に別の方が採用されてしまいました。もう片方のクリニックにかけたのですが、妊娠していることもあり不採用となりました。
その後マイナビ看護師の担当の方とは連絡のやり取りが途絶えてしまい、再就職を断念してしまいました。もしかしたら妊婦の自分は見切りをつけられてしまったのかなと思い少しおちこみました。

 引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
匿名さん

転職サイトの転職エージェントさんのイメージって、とにかくがつがつしていてスピーディーに対応されているイメージでした。私は引っ込み思案で内向的でもあるので、あまりに早く進められると戸惑ってしまいます。今回マイナビ看護師に登録した後も、ヒヤヒヤしながら面談に向かいました。転職エージェントさんと一緒に入念に希望条件について確認した後、書類作成、面接対策、普段の連絡のやりとり、条件交渉等採用までのステップを1つ1つ時間をかけて進めていただきました。速さだけで転職の成功は決まらないというコンサルさんの言葉にとても信頼性を感じ、最後まで二人三脚で頑張りました。
転職先とのご縁も無事に結びつきほっとしていますが、転職エージェントさんとのご縁にも大変感謝しています。がつがつ進まれていたら、途中で放棄しかねなかったので、最後まで辿りつけたのは転職エージェントさんあってのことだと思います。

引用元:BEST WORK

口コミ【成功編】
Kさん(20代・女性)

当初マイナビ看護師は、会員登録をせずに利用していました。それだけでもたくさんの情報が集まりましたが、誰かに転職のことを相談したくなり、思い切ってマイナビ看護師に登録することにしました。予想通りマイナビ看護師では、キャリアアドバイザーがついてくれて、徹底的に私の話を聞いてくれました。キャリアアドバイザーと徹底的には足あった耐え自分自身の気持ちを再整理することができました。さらには、自分自身のストレスも解消された気がします。よく話した上で、転職先を選んでもらったため、私にとってかなり的を得た転職先を紹介してもらえました。私は、転職活動に少々不安があったのですが、キャリアアドバイザーが面接対策などを教えてくれたので、安心して就職試験に臨めました。その甲斐があってでしょうか、無事に転職することができました。

 引用元:BEST WORK

 

精神科病棟探しはこちらがおすすめ。

医療ワーカー

精神科病棟は一般病院に比べて、オペや検査などがない分、穏やかに時間が流れることが多いです。

その為、新人看護師でも問題なく勤めることができます。

口コミ

東京都:YUKOさん(27歳・女性)
私は27歳で看護師になった社会人経験の看護師です。以前勤めていた病院では、年下の指導者から言われないことで目をつけられて、体調を崩して半年で退社してしまいました。

その後、キャリア半年ということもあり、仕事があるのか心配でしたが、友達から教えてもらった医療ワーカーという転職サイトで仕事を見つけてもらうことができました。

現在、私は精神科へ勤めています。

キャリア半年で辞めてきた自分にも先輩は優しく接してくれて、仕事も丁寧に教えてくれるので、とても毎日楽しく仕事ができています。

新人ナースにも精神科はほんとにおすすめです。

仕事内容などは別記事を御覧ください。新人でも年収ベース500万以上見つけてもらうことも可能です。

自分は【医療WORKER】看護師さんの求人・転職サイトで、精神科病院を紹介してもらい現在も働いています。

いろいろなサイトへ登録しましたが、精神科病院に関しては、このサイトが一番求人数が多く対応も親切でした。

因みに自分は休日120日以上、残業なしで年収550万で働けています。

現役看護師が伝える転職前にしっておきたい精神科の仕事内容

育休明けや一般科の看護師へ。精神科病棟の特徴教えます。

 

さいごに

キャリア半年となると不安に感じて、いまいる職場で我慢する新人看護師もいると思います。

確かに我慢出来て、今死ぬほど悩んでいる問題が解決するのなら、それもありだと思いますが、体調を壊してまで、その病院に勤める必要はないと思います。

また休職をおすすめする方もいますが、今までの経験上、求職後に復職しても、殆どの方は半年もたずに辞めていきます。

それなら新しい病院を探して、再就職して、新しく未来を築いていくのも、一つの手だと思います。

今後、あなたが今よりもっと笑って過ごせる毎日が来ることを祈っています。

陰ながら応援しています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。