現役看護師が語る。1年目の転職を成功させるには?

看護師一年目の転職

看護師1年目?大変ですか?入職当初と比べて仕事はできるようになりましたか?

ここから先は現在笑顔で順調に仕事をこなせているルーキーは読む必要はありません。

中々職場に馴染めず、笑顔なく孤軍奮闘しているルーキーのみを対象にした記事となっています。

ここでは転職を考えるほどに追い込まれた孤立無援のルーキーに対して、今より少しでも良い環境への転職ができるように、情報という支援物資を提供していきますので、是非参考にして笑顔を掴み取ってください。

ちなみに2017年看護師実態調査によると、新卒の離職率は以下のようになっています。

*公益社団法人日本看護協会「2017病院看護実態調査」より

 

看護師一年目の苦労

自分も現役の看護師ですが、やはり1年目はとても苦労しました。

自分は150床程度の大きさの脳外科の病院へ新卒として入ったのですが、指導者の看護師から、毎日毎日、患者の情報に対して、昨日の状態はどうだ?既往歴はなんだ?何がリスクだ?画像は見たか?どこの血管が詰まったんだ?採血結果は?患者のスケジュールは?検査は?OPEは?今日は何を何時にしようと思ってる?それをする根拠は?などなど沢山の質問をまさにシャワーのように浴びました。浴び続けました。

抜けがあったり、調べていないと、患者に対して責任をもって当たらないと駄目だと叱咤されました。

正直抜けていたのは事実だし、言っていることも至極最もなので、今となっては感謝しかありませんが、当時は何もかも初めての経験で、覚えることも山ほどある中だったので、泣きそうになりながら、食らいついていったのを覚えています。

今思うと、正直、患者のために情報収集していたというより、指導者に怒られない為に情報収集していた気がしますw

ですが、そうした看護師一年目の経験の中で、自分が一番きつかったのは、新人のとき、3ヶ月間の急性期病棟への研修へ行ったとき、そこで担当となった指導者に目をつけられたときでした。

その時は、一度も見せても、教えてももらっていないルンバールの介助をいきなりやらされて、できないと何でできないんだ。と怒鳴られたり、○○をとってきて。と言われ、物品の置き場所がわからないので、どこにあるのか確認すると、「何でそんなこともわからないんだ。」と怒鳴られたり、患者の状態が急変し、救急対応をしている最中に真横に来て、全く関係ない別件のことで説教をだらだらとされたりと、もっともっとたくさんありましたが、冷静に見て確実に目をつけられていました。

目をつけられていた3か月間は、精神的に完全に参ってしまい、その指導者の顔を見るだけで、身体がこわばり動悸がしてくるほどでした。

その後元いた病棟の指導者に相談し、何とか3ヶ月間乗り切れましたが、あの時は完全に鬱の一歩手前でした。

自分は今までメンタルが強いと思ってたので、鬱的な症状が出るとは夢にも思いませんでした。

あれがずっと続いていたら冗談抜きに確実にメンタルおかしくなっていました。。。

 

 

新人の時って、先輩に逆らうと、居場所がなくなる不安があるので、思ったことも絶対に言えず、ノーガードでひたすら殴られ続けなくてはいけない厳しい立場なんですよね、、

だから新人一年目で早期退職・転職を考えるルーキー達の気持ちは、全然よくわかるし、メンタル崩すまで、続ける必要は絶対にありません。。。

相談に乗ってくれるような人がいないのならば、ここで新しい職場を検討していきましょう。

今いる病院が合わなくたって、日本にはいくらでも病院があるので、あなたに合った病院は必ずあります。

次に新人看護師におすすめの転職サイトを紹介します。

 

看護師一年目はじめての転職に転職サイトを推す理由

ここからはルーキーでもしっかり学ぶことができるような病院やクリニック、精神科などを紹介してくれる転職サイトを紹介します。

なぜハローワークではなく、転職サイトをすすめるのかというと、いくつか理由はありますが、大きく二つあります。

求人数がハロワークより圧倒的に多い

転職サイトにもよりますが、ハローワークより圧倒的に求人数が多いです。ここで紹介する新人看護師におすすめの転職サイトも勿論ハローワークより多い求人数を誇ります。例えば東京都の求人数において、ハローワークでは5,000件ですが、新人看護師におすすめの転職サイトでは16,000件以上あります。これだけ多くの求人先があれば、あなたに合う転職先はほぼ100%見付けることができます。

担当者であるエージェントがつく

転職サイトでは、エージェントという担当者が付きます。エージェントはあなたの知りえない職場の情報などを知っていたり、あなたの希望の条件を聞いて、求人先と交渉をしてくれたりします。自分も以前転職サイトを利用した際、希望の条件を伝えておいたら、いくつも当てはまる案件を紹介してもらえた上、給料も上がり、残業なく年間休日数も増えました。

 

新人看護師におすすめの転職サイトは?

ここで紹介する新人看護師におすすめの転職サイトは、求人数が圧倒的に多いだけでなく、エージェントも優秀です。また病院によっては、内部情報ももっているので、入職前にある程度の人間関係を把握できるので、非常におすすめの転職サイトとなっています。

自分も以前、この転職サイトを利用した際、希望の条件を伝えておいたら、いくつも当てはまる案件を紹介してもらえた上、給料も上がり、残業なく年間休日数も増えました。個人的にかなり信頼感があります。

その転職サイトは看護のお仕事という転職サイトになります。

美容クリエイティブ

看護の転職の良さについては、以下の記事にもありますので、気になる方は御覧ください。

(2020.3)東京都で絶大な求人数の転職サイトは【看護のお仕事】!!!

 

最後に看護師一年目での転職時の面接で注意すること

最後にお節介ではありますが、一年目の転職の面接において必ず聞かれることを載せておきます。

それは「あなたが前の病院を辞めた理由は何ですか?」という質問です。

一年目での転職だと、確実に聞かれると思ってください。

そこで絶対ダメな回答は、「辞めた理由を説明できなかったり、他者や病院のせいにすること」です。

例えば、転職先の面接において、転職希望者が「前の職場は、指導者に目をつけられて、虐められたので辞めました。」と言ってきたら、実際の現場を知らない第三者はどのような印象を受けるでしょうか?

自分が採用者であったら、「怒られるには理由があったんじゃないですか?あなたの方にも非があったんじゃないですか?」「そんなことで辞めてたら、うちに入っても直ぐに辞めてしまうのでは・・・」と思います。

なので、虐められたとしても、面接時には、例えば「自分はできていると思っても、やはり〇〇のような場面で上手くできなかったりしたため、指導者から見たらきっと至らないところがあったのだと思います。今後は、そういったことのないように、ちゃんと準備した上で〇〇を行ったり、わからない時にはしっかり質問したり、指導者と積極的にコミュニケーションをとるなどしながら、良い看護ができるように頑張っていきたいと思います。」と自分にも非があった可能性を認めて、それについての改善策を示した方が印象が良いと思います。あとできれば自分ができなかった具体例などを述べられると良いと思います。

 

ただ知っていてほしいのは、看護師一年目でも転職は問題なくできるということです。

何度でもいいますが、メンタルおかしくなるほど今の職場で我慢する必要はありませんので、そうなる前に転職先へ相談してください。

まだまだ一年目。これから看護師という仕事が楽しくなることを願っています。

最新情報をチェックしよう!
>引用について

引用について

当サイトのイラスト、画像、記事本文の引用掲載は、引用該当ページへのリンクを必須として許可しております。ご利用の際はリンク申請した後、引用・転載願います。